通信制高校の情報館

高卒認定予備校は塾とは違うの?

この高卒認定予備校とは何をする機関かというと、
「高等学校卒業程度認定試験」に合格するための機関です。


この高等学校卒業程度認定試験というのは、
高等学校を卒業していない人に対して行われるもので、
この試験に合格すると、高等学校を卒業した人と
同等以上の学力があると認定してもらえます。


(厚生労働省公式HP 高等学校卒業程度認定試験より http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shiken/


「高卒」と「高卒認定」は違う?!

ですが、この認定試験に合格したからといって、
高卒の学歴になるわけではないです。


ですから、履歴書を書くときなども、
「平成○○年 高等学校卒業程度認定試験合格」と書くことになるようです。


ただし、大学や短大、専門学校に進学したい場合、
高卒と同じ扱いが受けられるので、受験資格を取得することができる
試験と考えるといいです。


なので、高卒認定予備校の中でも、
大学入試対策にも対応しているところもあります。


高認で大学受験が可能!ただし、進学しなかった場合「中卒」と同じ?!

しかし反対に、この高等学校卒業認定試験を受けたとして
大学などに進学しない場合には最終学歴は「中卒」のままになるみたいです。


また、この高等学校卒業程度認定試験の受験資格としては、
高校卒業資格がない人で、年内に16歳になる人と書かれていました。


大学などに進学を考えている人であればこの高卒認定予備校でもいいと思いますが、
将来的に進学を考えていなくて、高卒の学歴が欲しい場合であれば、
やはり通信制高校に通うことをおすすめします(*´∀`*)






<<前の記事「サポート校とは?どんなことをする施設か?」へ
                           >>次の記事「飛鳥未来高等学校の紹介」へ




>>通信制高校 資料一括請求 公式ホームページはこちらです。