通信制高校の情報館

サポート校とは?どんなことをする施設か?

サポート校とは、通信制高校の生徒のうち、
単位取得や卒業するための学びの面だけではなく、
メンタル面での手助けも行う"教育機関"だと書かれていました。


ということで、サポート校という名前の通り
あくまでもサポートをすることが目的の教育機関なので、
高校の卒業資格を得るためには、サポート校ではなく通信制高校を
卒業する必要があります(*´∀`*)


学習面でのサポートについては、
基本的には通信制高校の科目となっています。


そのため、通信制高校の勉強についていく自信がない人にとっても、
サポート校のメリット面とも言える、個別指導が可能だったり、
少人数制だったりするのでおすすめです。


学習面だけのサポートじゃない。「メンタル面」でのサポートも可能。

また、メンタル面でのサポートについては、
カウンセリングの先生がいたり、本格的にそういったカウンセリング機関と
提携しているサポート校もあるほどです。


なので、メンタル面で不安を抱える人への対応は
万全にできているってことですよね。


このメンタル面でのサポートに関しては、
不登校や長期欠席経験のある生徒への指導を数多くこなしてきたってことなので、
一般的な高校よりもはるかに通いやすい教育機関だと思います。


私も、精神的な部分で一時期高校に通うのが嫌だったことがあったので、
そのときのことを考えると、確かに高校の先生は大勢の生徒を見ているので
1人の生徒の変化に気づきにくい。


なおかつ1人1人の生徒に対応しきれない。


それを考えると、サポート校なら親の立場からしても
安心して送り出せる気がします。


サポート校の入学時期っていつ?

サポート校の入学は、通信制高校の入学時期に合わせて、
春&秋になっているところがほとんどです。


登校頻度に関しては、週5日制となっているサポート校がほとんどですが、
その中でもフリースクールに近い登校スタイル
つまり生徒が登校出来るペースに合わせて、
徐々に環境に慣らしてくれるところもあります。


ですのでそういった場合、コースも不登校支援コースが設けられているサポート校、
つまり不登校支援型のサポート校を選択するといいですよ。




その他、サポート校のコースには進学コースもあります。


これは大学進学を重視したコースで、
サポート校の種類としては大学進学重視型です。


また、その人の個性ややりたいことを伸ばすコースには、
音楽系、芸能系、スポーツ系などのコースがありますよ。


これは、進路発見型や専門知識・技術養成型と呼ばれるサポート校です。


では、サポート校とフリースクールとは何が違うのか?

不登校や長期欠席経験者でも通いやすいという面からすると、
サポート校でもフリースクールでも同じような場所のように思えてきますよね。


では、サポート校とフリースクールとの違いは一体なんでしょうか(*´∀`*)


サポート校は、学習面や精神面での指導が行われるのに対して、
フリースクールは学習の場というよりは集団生活になれるための場所。


さらに、サポート校への入学資格は中学卒業見込み者や、
通信制高校在籍者などに対し、フリースクールの入学資格は18歳未満、
などがあります。


フリースクールとサポート校、どちらもそれだけでは
高校の卒業資格を取得したことにはなりません。

この点は同じですね。


ですがどうせ通うのであれば、フリースクールよりもメンタル面だけでなく
学習面でのサポートもしっかりと備わっている、サポート校をおすすめします。






<<前の記事「私のおすすめの「ズバット 通信制高校比較」とは」へ
                       >>次の記事「高卒認定予備校は塾とは違うの?」へ




>>通信制高校 資料一括請求 公式ホームページはこちらです。